トップページ > もくじ > ラブドールメーカーがここ最近で急増した理由

ブログ

ラブドールメーカーがここ最近で急増した理由

[ 2010年 ] 10年ほど前はこの業界は知る人ぞ知る業界で、例えるならば「ろうそくの灯」でした。

現在は「キャンプファイヤーの炎」のように薪をいっぱいくべて、天高く燃え上がっています。

当時は日本で手に入るものは、国産のラブドールしかありませんでした。

日本に代表されるラブドールのメーカーは、オリエント工業、4woods、ライフドール、シリコンアート、LEVEL-D、ユニゾン…
国産ラブドールメーカー


価格は60万円~70万円台。この価格で購入できる人は限られていました。

生産体制も各メーカー多くて月に2,3体を受注するくらい。

これは当時私が実際に各メーカーに足を運び、お話をお伺いした際の内容です。

「広告とかはあまり必要ないので…」あまり受注が増えすぎるのもよくない、ひっそりとやっているという印象でした。


[ 2015年 ] 5年ほど月日が経ちますと、見慣れないラブドールがネット上で見られるようになりました。

海外ラブドールメーカー

結構かわいい。いや、かなりかわいい。

ここで初めて、中華ラブドールのことを知ることになります。

この当時はまだ、市場も整っていたものと思います。

WMDOLL、JYDOLL、dollhouse168…

中華ドールで当時知られていたのは、こういったメーカーです。

とても気になって問い合わせをしてみたメーカーは、拠点は台湾で制作は中国の工場でとのことでした。

そのメーカーが日本に来日することになり、夕食を共にしました。

また私も中国の工場に招待され、飛行機に乗り足を運びました。

現地を色々と案内してもらい、中国の製作工場でラブドールを触らせてもらいました。

中華ラブドール

私は国産のシリコンドールしか触ったことがなかったので「うわぁ何これ!」と思わず声を上げるくらい驚きました。

本当に人間の肌みたい。いや、それよりもモチモチっとぷにぷにっとしていて、気持ちいいかも…

素材は日本のシリコンとは違う「TPEエラストマー」

シリコンよりも柔らかく、耐久性に優れているという掘り出し物。

ラブドール海外工場

「今後日本市場にも大きく展開をしていきたい」とのことで意気投合し、共に足を進めていくことになりました。


[ 2019年 ] 共に道を歩んでいくこと4年あまり。その時の日本のラブドール市場を解説していきます。

まず当時(4年前の中華ドールの走り出し)に比べると、供給が圧倒的に増えました。

さすがは中国「日本の市場は開拓できる」と思うや否や、その圧倒的なスピードで展開をしてきます。

当時はアリババでしか見られなかったラブドールが、日本のヤフオク、それからamazonでも販売されるようになりました。

そして中華ラブドールを日本市場に展開しようと、主要メーカーを多くまとめた現地の代理店が試行錯誤します。

日本向けにホームページを制作して公開。文章は翻訳ツールを利用して。

これに気づいた当初はホームページの作りも雑で、あまり気にはしていませんでした。

しかしgoogleアドワーズ(広告)やSEOなども取り入れて、アクセスを徐々に伸ばしていきます。

そういった努力が実を結び、今やgoogleの「ラブドール」検索で上位を独占してます。

この影響で更に火が付き、現地の工場はこれと言ってないほどに増えます。

今まで主要メーカーで働いていた人達が辞め、独立して新たなブランドを立ち上げる。

またリサイクル用に安い素材で程度のものを作り、メーカーの写真を勝手に利用して、偽物を販売する業者も増えてきます。

需要がそこまで増えていないのに供給が増えると、どうなるでしょう。

それぞれの代理店が、少しでも数多く販売しようと価格を下げます。

これにより日本のラブドールの市場価格はここ4年間の間で、かなり下がりました。

こうなってくると冒頭に申し上げた、キャンプファイヤー状態です。

これがここ数年で、ラブドールメーカーが急増した理由です。

しかし、お客様にとっては手に届きやすい価格にもなってきているので、悪いは話でもないかもしれません。

ただ注意をしていただきたいのは、

A.現地の代理店が販売(日本語の多少わかる中国人が運営)
B.日本の代理店が販売(弊社のような純日本人が運営)

もし下記のようなトラブルがあった時、

・写真とまったく違うものが送られてきた
・箱を開けたらドールが破損していた
・骨格が固すぎて曲がらない
・においが臭すぎて困る
・稼働してたらすぐに裂けてしまった
・ヘッドがうまくはまらない

現地代理店の場合は「かなりの時間を要する」か、「フェードアウト」されてしまう、という事例もよくお聞きします。
日本に拠点を置く弊社のような代理店の場合は、対応も早く最後まで誠意をもって対応を心がけています。

何かあった場合の後悔では遅いので、そういった場合の保険も含める意味での購入を推奨致します。

<< 希望を胸に          2017年 中国工場体験記「ラブドールはこうして創られる」 >>
現在の日本のラブドール市場がどのようにしてあるのか、ここ5年ほどで急増してきたラブドールブランド「中華ドール」の現地の話を元に記します。
2019.9. 7
2017年今のメーカーとの取引開始時の工場風景です。実際にラブドールはこのようにして創られています。若い子たちがまじめに働いている姿を見ると、私もがんばらないとと刺激を受けました。
2019.9.14
結婚できない若者が急増中。男性に好かれる女性とは。ラブドールから学ぶ現代の独身女性に送るメッセージ。令和時代における成人男性と女性の恋愛理論。
2019.9.21
スタンディング機能って何?ラブドールを立たせてみると意外とむずかしい。無理に力を入れると腰をやりそうで…おまかせください!簡単に立たせる方法があります。
2019.9.28
ラブドールは高いか安いか?ユーザー目線で普段利用すると思われるサービスと価格を比較してみました。これによりラブドールの価格の見方が変わるかもしれません。
2019.10. 2
まだ何もなかった中国に、突如として誕生したラブドール。今から20年前の話をドキュメンタリータッチでお伝えします。
2019.10.13
人間には欲があります。それが抑えられない場合、人間は動物に変わります。それを少しでも抑えてくれる効果が、ラブドールにはあるのです。
2019.10.19
ラブドールには色々な活用事例があります。ラブドールを知っているようで、知らない人はたくさんいます。今よりもっとラブドールを知って、いろんな場面で活用してみましょう。
2019.11.12
トップページへ

PAGE TOP